ホーム タレントスクール タレントプロダクション 音楽レーベル リトルロックグループ概要







PRODUCTION CONTENTS

原盤制作/音楽CD販売プロモーション/アーティストのマネージメント・プロモーション/ミュージックビデオ企画・演出・制作/プロモーション写真/アーティストグッズデザイン制作/ライブ企画・制作/タレントスクール

リトルロック・グループ

LITTLE ROCK RECORDS
LITTLE ROCK PROMOTION
LITTLE ROCK Artist Academy

CONCEPT

LITTLE ROCK RECORDS(リトルロックレコーズ)は、代表のサワラギ ツヨシによって、2004年8月に設立されたミュージック・レーベルです。レーベル名の由来は、代表のサワラギが憧れるエンターテインメント大国であるアメリカにある地名を元に名づけました。レーベル設立以来、日本のアーティストと海外アーティストを含む数組のアーティストの日本デビューをプロデュースして、アルバムを全国リリースし、世に送り出し成功させました。私たちリトルロックが海外のアーティスト、提携者に関してやらせていただいている一般的なこととしては、アーティストが日本でのブランドネームを確立することを助けること、そしてお互いの協力関係を強いものとし、日本でのリリースやプロモーションを行うことを手助けし、そのアーティストの国際的な認知度を高め、国際的なレコードの売り上げを増大させることを手助けすることです。その、リトルロックレコーズで培った実績や、ノウハウ、業界内外に広がるネットワーク等、日米のエンターテインメント業界に精通したリトルロックのアドバンテージを活かしたサポートシステムによりアーティストをバックアップしていきます。そして私たちは常にアーティスト最優先で、アーティスト・フレンドリーなレーベルであり続けることをモットーとしています。
 
LITTLE ROCK RECORDS is a music label established by Tsuyoshi Sawaragi in August, 2004. The label name comes from the name of a town in the U.S.A. (the U.S.A. is the world’s biggest entertainment power and Sawaragi greatly admires it). Since this label was established, it has produced debuts in Japan of both Japanese and foreign artists, released albums all over Japan, and helped them to succeed.
The general things we at LITTLE ROCK RECORDS are doing for foreign artists or associates are: to help the artists establish their brand names in Japan, to help them release and promote their albums in Japan, and to help them raise their reputation and increase international record sales, by strengthening links with each other.
LITTLE ROCK RECORDS is well-informed about the entertainment business world both in Japan and the U.S. and we will back up artists using our support systems making the most of our advantages – our track records, know-how, the networks spreading in and out of the business world. Our mottos are: “To be a label which
always gives top priority to artists” and “To be a label which is always friendly to artists”.




 Label Boss/Executive Producer

             TSUYOSHI SAWARAGI

PROFILE
高知県四万十市出身。
高校3年の時、写真雑誌CAPAの高校生写真部門で、当時の審査員であった写真家、野村誠一氏に絶賛された作品「SOME DAY」が全国で2位となる。高校卒業後、東京写真専門学校へ入学するが中退し、東京の赤坂スタジオで写真の修行をする。その後数々のフォトコンテストで入賞をはたす。自主制作映画では「フルブローン」「ファイティングキッド」「ラブ&フォーエヴァー」ミュージックビデオでは、HARD STEPの「E.O.F.」の監督を手がける。レーベル設立のきっかけは、2004年5月に発売されたELLEGARDENのアルバム「Pepperoni Quattro」の1曲目の「Supernova」を聴き、強く触発させられ、同年8月にLITTLE ROCK RECORDSを設立。レーベルアーティスト第一弾として、自らが監督として手がけたHARD STEPのミュージックビデオ「E.O.F.」を高知県限定でリリースし、ショップで話題となり高セールスを記録。2005年には自ら発掘した関西のパンクバンド、兎キックと契約し、レーベルとしては初となる、全国発売第一弾として、アルバム「BUNNY BOY」のリリースを手がけ、モバイル着うたサイトでは、ダウンロードアーティストランキング、ダウンロード曲別ランキングで、兎キックが1位2位を独占し、レーベルのバンドを見る目の確かさをいきなり証明させた。2006年には、海外アーティスト第一弾として、自ら発掘したUSロックバンド、A STEP BEHINDの日本デビューアルバム「Since We Can't Have Forever」をリリースし全国でスマッシュヒットを記録。2010年には、カナダのバンド、LostDeliveriesの日本デビューアルバム「Entertainment System」のリリースを手掛け、アルバムの1曲目の「Have A Good Life」が海外のインディーズバンドとしては異例の東京FMのブランニューソングを獲得し全国ネットで大量オンエア、テレビ東京をはじめとする各局テレビ番組でのオンエア等、プロモーションのリソースを次々と獲得することによりアーティストの日本デビューを成功に導いていった。それによりアーティストから信頼を受け、海外特にアメリカの大手レコードレーベルとの親交が厚くなった。
現在、社団法人音楽制作者連盟MUSIC ismメンバー。


  A&R Producer

TAKASHI WATANABE

PROFILE
高知県四万十市出身。

 STAFF 他5名

International Product Manager
Strategic Marketing/Advertising
Label Manager